スマートフォンWebサイトを作ってみたい!

Webページ作成の基本とは?

今はパソコンだけでなくスマホもインターネット閲覧の中心といえるツールになってきていますね。パソコン用のサイトをスマホで見る時に操作がしづらかったりすると少々面倒だったりしますよね。そこでスマホ用のサイトを作ってみたいと思ったことはありませんか?スマホ用Webサイトはどうやって作成するのでしょうか?スマートフォンWebサイトもWebサイトに含まれるわけですから、基本はパソコン用のWebページを作成する場合と同じです。パソコン用の基本的なWebページを作れる程度の知識があるとよいでしょう。

スマホ用Webページにおいて気をつけること

パソコンから閲覧しやすいWebページのレイアウトと、スマホから閲覧しやすいレイアウトは違うんです。パソコンの場合はある程度横長にして横に目次へのリンクを貼ったりすると見やすいですがスマホの場合は縦一列にずらっと並んでいた方が操作しやすいんですね。スマホの場合はスマホ用サイトによくある目次ボタンを用意してあげるとよいでしょう。また、スマホ用のサイトではリンクが小さすぎるとクリックするために拡大しなければならず手間がかかるためある程度大きいリンクがよいでしょう。

さて、スマホ用サイトってどうやって作るの?

画面サイズによって表示するスタイルを分けておけば、スマホからでもパソコンからでも自動で合ったレイアウトで表示できそうですね。このことを「レスポンシブ・ウェブデザイン」といいます。画面サイズが特定以上ならパソコン用レイアウト、特定以下ならスマホ用レイアウトというように分けるのでWebページの中で、変化させるのはレイアウトの部分だけで済みます。でも、一からスクリプトを組むのは大変ですね。しかし心配は要りません。フレームワークがあるのでそれを使えば自分で全て組まなくてもいいんです。皆さんもスマホ用Webページ、作ってみませんか?

スマホサイトは、実に様々な種類のアプリが登場していることもあり、現代人のライフスタイルに合わせて楽しむには絶好の機会となりつつあります。