パソコンを修理するときデータのバックアップはどうしてますか?

必要な書類はメールで送っておくと便利

GoogleでもYahoo!でも自分にメールを送ることができるのはご存知でしたか?パソコンを修理する際、手元に資料がなくなったりするのは不便ですよね。プライベートなものもそうですが、大事な仕事の資料などはいつ必要になるかわかりません。そこで自分にメールを送る作業が効果的です。画像やファイルなどいろいろ添付して自分宛てにメールを送るときちんと届きます。これで修理中でも他のパソコンや代わりのパソコンからファイルなどをダウンロードできるため困ることはありません。

USBをまとめて入れておく

普段仕事でパソコンをする人はもやはUSBがないと困るというくらい便利なアイテムですよね。USBは小さく持ち運びにも便利なので持ってる人はデータのバックアップはこれ一つで十分です。使い方もパソコンに挿すだけなので簡単です。容量も小さいものから大きいものまであり、暗証番号を設定できるものもあるため、万が一大事な資料で失くしてしまってもデータが盗み取られる心配もありません。USBは一つ容量の大きいものを買っておくと非常に重宝するのでオススメです。

データ管理は修理業者に任せてもよし!

修理中にデータを使うのはUSBやメールを活用すれば済みますが、修理後のパソコンにデータを入れる方法はご存じですか?USBを挿して一つ一つ移していってもいいのですが、時間がかかりますよね。そこでオススメしたいのが直に修理業者にお願いすることです。修理前のパソコンのデータを修理後のパソコンへ移動してもらうことができ、とても便利です。しかし業者によっては断わられるところもありますし、有料になってしまうところもあるので事前にチェックしておきましょう。

最近は、デスクトップのパソコンよりも圧倒的にノートパソコンを使っている家庭が多くなったと思います。以前、デスクトップのパソコンを使っていたのですが、修理に出したい時に梱包するのにも面倒だし運ぶにも車がなくて知り合いに頼んだりと大変な思いをしました。パソコンの修理を自分でできる人が周りにいたら絶対に頼ってしまうと思います。