風評被害対策、あなたにも出来ることがあるはず!!鍵は信頼回復!!

ネットの風評被害の対策

インターネットやスマートフォンで掲示板に匿名で誹謗中傷をすることが簡単な時代になりました。世界中の誰もが容易にアクセスできるネットだからこそ一度風評被害に合うと影響力は大きいですよね。インターネット上に無責任でひどい言葉を書き込まれた場合は、サイトや掲示板の管理者に削除依頼を行うことが大切です。その際、書き込まれた内容はコピーをするかパソコンに残しておくようにしましょう。また、最後にしっかりと削除されたかを確認することが大切です。

食べ物の風評被害対策

震災により原子力災害で多大な風評被害を受けた農林水産物。消費者は被災地を応援したいと強く思っても自分の家族の健康を考えると生産地をみて商品を購入してしまいます。対策は、消費者に食品の安全性を呼び掛けることです。テレビでもマスメディアでも、有名人に食べてもらて訴えてもらうのも良いでしょう。商品をいつもより低価格に設定し、商品の横に食品の安全性を記載した説明文を置いて消費者の目につくようにするのも良いです。

観光地の風評被害対策

最近では、震災や火山噴火などの風評被害により観光客が激減したというニュースを良く目にします。このような風評被害に対しての対策として、観光地の安全性を伝えることや特産物を首都圏や他県の物産展で販売することも方法の一つです。また、テレビのドラマのロケ地になったりその土地ならではの面白い様々なイベントを開催するのも良いですよね。必要なのは、観光客の信頼回復で観光地の良さを知ってもらうことです。まずは観光地の良さを全面的にアピールしましょう。

根拠のないデマや悪評によって名誉が傷つけられた場合には誹謗中傷対策で早期に解決をすることが必要だといえます。