人が自然と集まりやすいホームページの作り方

ホームページはパソコンではなくポータブルで見るモノ

ホームページを見る手段の移り変わりというのは早いもので、十年前はパソコンのブラウザで見るのが普通でしたが、今では手持ちのポータブルデバイスで見るのが普通です。それも特に最近では携帯電話というよりスマートフォンといったほうがいいでしょう。なにしろ使われているブラウザが、携帯電話とスマートフォンでは似ているようで微妙に違うので、ホームページの作り方もやはり違ってくるため、対象を意識することが必要なのです。

著作権に注意しつつも画像をふんだんに

ホームページを見る人は、とにかくぱっと見て引き付けられるかどうかを重視します。それは長々とした文章ではなくて、分かりやすい画像が多いかどうかです。有名人の画像があれば、それだけで目に留まります。とはいえ、そういったアピールの強い画像には著作権やら肖像権といった問題も絡んでくるので、使うときには許諾が必要かどうかも意識しつつ、できるだけ画像をふんだんに使って作るのがアピールの強いホームページなのです。

口コミを利用して検索頻度をあげる

ホームページの知名度をあげるのに、口コミというのは侮れません。一人ひとりの口コミは小さいものに思われても、それが蓄積すると検索したときの上位に来る可能性が高まり、さらにそれを見た人がやってくる可能性が高くなるので、アクセスの好循環が生まれます。人の口にのぼるホームページというのは、実はとても大きい宣伝効果があるのです。それを利用してネット上の掲示板などで知名度をあげる地道な努力は、実は理にかなっているのです。

ホームページ作成はプログラムを記述して行う方法と、ツールを使った方法などがあります。またホームページの作成依頼を受け付けている業者も多いです。